simplicity2(シンプリシティ2)で使っているプラグインを紹介します

2017年8月30日

 

うえのさん
こんにちは~!
メディア運営しています。
うえのです(@flexbox)です。

 

ワードプレスの無料テーマでも人気があるシンプリシティ。有料テーマに負けないくらい多機能です。

 

このブログもシンプリシティ2で運営していますが、いくつかプラグインを入れているんです。

 

さっそく紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

プラグインを追加する方法は知っていますか?

 

  1. 管理画面のプラグイン→新規追加→キーワード
  2. キーワード欄にプラグインの名前を入力。
  3. 今すぐインストールをクリック。
  4. 有効化をクリック。

 

 

プラグイン

 

 

プラグイン

 

 

この流れになります。

 

 

AddQuicktag

 

 

よく使うタグやコードを登録しておけば、ビジュアルモードでもテキストモードでもすぐに呼び出して使えるスグレモノ。

 

使いたい機能の短縮ボタンを作るイメージで、使わない日がないくらい。

 

Akismet Anti-Spam

 

 

ワードプレスをインストールすると、Akismetプラグインの設定アナウンスがあるので、ほとんどのユーザーが使っています。

 

文字通り悪質なスパムからサイトを守ってくれるプラグイン。

 

 

 

All In One SEO Pack

 

 

シンプリシティの公式ページでは、必要ないと書かれていますが念のために入れています。

 

SEOに必要な機能が無料で簡単に使えて便利です。

 

All in One SEO Packでは、ブログやサイトにとって重要なディスクリプションを変更するのが楽。

 

うえのさん
設定項目が多いのでとても時間がかかりますが、はじめだけなのでワードプレスをインストールしてすぐにやっておきたいです。

 

 

 

AntiVirus

 

 

 

ワードプレスの乗っ取りやランサムウェアが5月に話題になりました。

 

このプラグインは、ルカルカアフィリエイトさんを参考にプラグインを入れました。

 

 

 

うえのさん
AntiVirus(アンチウイルス)は、ウィルスバスターみたいにプラグインがウィルスをブロックするんやで

 

ピクトさん
なぜ、いきなり関西弁!?

 

 

プラグインでウィルスを十分ブロック出来るとか限りませんが、なにも対策をしないのも不安でした。

 

プラグインを有効化をするだけでOKなので入れておきたいプラグインです。

 

 

 

Black Studio TinyMCE Widget

 

 

これはとても便利でよく使ってて、おすすめのプラグインの1つです。

 

ウィジェットの中でビジュアルエディターが使えるので、簡単に写真やコードの貼り付けが出来ます。

 

 

Broken Link Checker

 

 

ブログからリンク貼ってる記事やサイトにリンク切れがあった時にメールなどでお知らせしてくれます。

 

リンク切れってせっかく見に来てくれた人には不親切になりますが、自分で1つずつ確認は困難。

 

プラグインで自動検知してくれるって嬉しいですね。

 

 

 

EWWW Image Optimizer

 

 

写真やイラストなどをそのままアップロードすると、とてもデータが大きな場合があります。表示に時間がかかるので、小さなデータにするのがベター。

 

プラグインを有効化しておけば、勝手にデータが小さくしてくれるのでわずらわしいがないです。

 

うえのさん
さらに!もうアップロード済の写真やイラストも一括でデータを小さくしてくれるんです。

 

 

Jetpack by WordPress.com

 

 

ワードプレスが公式に出しているプラグインで30くらいの機能が1パックに。

WordPress.comのアカウントと連携させるもので、管理画面でView数や検索ワードの確認。SNSへの拡散や画面に雪を降らせるなど書ききれない。

 

 

 

MW WP Form

 

 

お問い合わせやコメント欄を作るプラグイン。

 

contact form 7が有名ですが、MW WP Formを入れたのは入力後に確認ページを作れるから。

 

うえのさん
 細かいことですが、自分が問い合わせした時にこのページが出てくると、きちんと送信できたのだなって安心できます。

 

ワードプレスの制作依頼でも確認ページを希望するお客様が結構多いです。

 

 

 

Shortcodes Ultimate

 

 

簡単操作で画面を2カラム・3カラムに分割出来たり、スライダーをつけたり、アニメーションやボタンが作れるショートコードがたくさん入っているプラグイン。

 

ワンランク上のページが作れるので、動きをもたせたい時に大活躍。

 

 

Speech bubble

 

 

ふきだし会話形式が作れるプラグイン。

 

ピクトさん
こんにちは。

 

うえのさん
キミは誰だね?

 

会話形式にすると、ただ文章を書くよりも目がいきます。

 

LINE風やFacebook風などシーンごとに使い分けることが出来る楽しいプラグイン。

 

※ かなりの期間更新がされていないので、使う時に注意。シンプリシティ2で動作を確認しています。

 

 

 

 

TinyMCE Advanced

 

 

ワードプレスのビジュアルエディタ初期設定では、文字の色を変えたりエクセルのような表を入れるのはhtmlやcssの知識が必要です。

 

TinyMCE-Advancedは、インストール→有効化をするだけでブログに文字の色の変更などが出来ます。ビジュアルエディタ画面にショートカットキーが出てくるので、文章を作っているとサクサク装飾出来ます。

 

 

 

UpdraftPlus – Backup/Restore

 

 

ワードプレスをサクッとバックアップを取ってくれるプラグイン。FTPでバックアップをするのが一般的に書かれますが、ぼくは初心者がやるには難しく感じます。

 

UpdraftPlusなら、プラグインの設定だけで自動でバックアップ。保存先もメール・Google Drive・Dropboxとクラウドも選べます。

 

サーバーだけに保存するとサーバーに何かあるとバックアップデータも取り出せない。クラウドへ保存しておくと、ほんとうのバックアップになりますね。

 

 

 

WebSub/PubSubHubbub

 

 

『ウェブサブ/ハブサブハブバブ』という舌をかみそうな名前。きゃりーぱみゅぱみゅ並に上手く言えません。

 

ブログを更新するとグーグルに通知するためには、サーチコンソールを使いますがこのプラグインが代わりにやってくれます。

 

 

うえのさん
コピペが横行していますが、更新すると同時にグーグルに登録するので、コピペさんがオリジナルを名乗れなくなるのでSEO上で重要なプラグイン。

 

 

 

WordPress Ping Optimizer

 

 

WebSub/PubSubHubbubはGoogleのみに更新を通知するものでした。(クロールさせるため)

 

こちらは世界中にあるpingサーバーというウェブサイトの情報収集するサーバーに自分のブログ更新をお知らせするもの。

 

色んなルートからの検索に引っかかりやすいなるのでSEO上で重要なプラグインの1つ。

 

 

 

WordPress Popular Posts

 

 

ブログの人気記事一覧を出しているのを見かけますが、WordPress Popular Postsを使っています。

 

期間や表示件数も自由に決められるので、「今月の人気記事トップ10」などをウィジェットに作れます。

 

 

WP Multibyte Patch

 

 

ワードプレスをインストールすると、はじめから入っています。

 

ワードプレスを日本語化するプラグイン。有効化をしてOK。

 

 

これから入れる予定のプラグイン

 

コピペ対策プラグイン

 

著作権があるブログを平気でコピペして、お金をもらっている人が後を経ちません!!

悪意のないコピーにはブロックしませんが、悪質なヤツを個別にブロックが出来ないのが現状。

 

ブログごとコピーが出来ないようにするかどうかが悩ましいところ。

 

 

WP-Copyright-Protection

 

 

インストール→有効化するだけでコピーが出来なくなります。

 

※ スマホからのコピーには対応していません。

 

 

Check Copy Contents

 

 

コピーされた場所と時間、IPアドレスを通知してくれるプラグイン。

 

 

うえのさん
もう一つ運営しているブログで、毎日100~200のコピー通知メールが来ています。

数ページ丸ごとコピーするような悪質なものは、別の方法も使ってアクセス者を特定しています。

 

 

 

乗っ取り対策

 

乗っ取りや記事の改ざん対策の具体的な方法は、別記事で解説予定です。

 

先に対策を考えている人の参考に紹介していきます。

 

 

Crazy Bone (狂骨)

 

 

 

このプラグインは、ログイン・ログアウト時のユーザー名、日時、IPアドレス、ユーザーエージェントを記録します。

(一部引用:Crazy Bone 公式ページより)

 

不正ログイン対策にプラグインを入れています。自分のIPアドレス以外のログインがあれば、お知らせしてくれます。

 

乗っ取りなどがある場合は、いきなり乗っ取らずに下見の侵入してきます。

 

ログインの記録がすべてあるので、IPアドレスごと追跡かけたり、WP-BANプラグインでブロックすることが出来ます。

 

 

WP-Ban

 

 

アクセス禁止にするプラグイン。指定すると国ごとアクセス禁止にも出来るので、乗っ取りが外国のサーバーを使っているなどには有効な対策です。

 

また、悪質なアクセスにはIPアドレスでブロックも可能です。

 

 

 

All In One WP Security & Firewall

 

 

サイトの書き換え対策プラグイン。最近、ワードプレスの利用者で乗っ取りよりも、勝手に記事が改ざんされる被害をよく聞きます。

 

改ざん対策には1番いいと評判なので、近日中にインストールします。

 

うえのさん
ワードプレスにはノートンなどのウィルス対策ソフトは機能しません。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?シンプリシティユーザーに参考になったでしょうか?

 

記事を書くだけでなく、これからはセキュリティにも対応していきたいですね。

 

 

たくさん入れていますが、多い方なのかな?気になりました(^O^;)

 

 

 

うえのさん
うえのでした。
(@flexbox)